#japanesecalligraphy
#shodo #書道
#shoyu #書遊

Share On|

使ってみたい、高級羊毛筆のこと

, コラム, 道具の話, 未分類 ,

高級羊毛筆とは?

羊毛筆とは、山羊の毛を100%使用した筆です。 毛が柔らかく、粘りがあり、墨の含みが良いのが特徴です。 高級羊毛筆とされているものは羊毛の中でも特に厳選した毛を使用しています。 羊毛筆はおだやかな味わいのある文字を書くことができます。 短鋒ではふっくらとした暖かい雰囲気、長鋒だと洗練されたエレガントな線になります。羊毛筆は非常に柔らかく、使いこなすには技術が必要とされています。 しかし書き味は抜群で、新たな作風に挑戦してみたい方にはおすすめの筆です。

~有名書家と羊毛筆~

羊毛筆は多くの作家の方々に使用されてきました。 書に造形的な新しい世界を切り開いたとされる上田桑鳩(うえだそうきゅう)先生や手島右卿(てじまゆうけい)先生はオリジナルの羊毛筆を作られたほどのこだわりです。 羊毛は渇筆表現に欠かせません。たっぷり墨をつけて紙にあてた瞬間のニジミと徐々にカスレが出てくる線により作者の息遣いを表現することが可能です。 また、羊毛筆で書くには筆の芯と文字の重心を意識して書くことが必要となるので、書のバランスを学ぶこともできます。 漢字・仮名問わずに書を深く学びたい方には色々な羊毛をお試しいただきたいと思います。

~他社との価格比較~

秀筆堂の羊毛筆は、メーカー独自のルートでの原料調達、生産をすることにより 低価格高品質の筆を提供しています。 羊毛筆の寿命は、きちんと洗うなどのメンテナンスをすれば一生ものだといわれます。 使い込むほどに毛の先が黄金色になり、使いやすくなるのです。 ぜひ一度お試しください。

書き味抜群!一度は使ってみたい
人気の「秀筆堂 細嫩光鋒(さいどんこうほう)」

最高級の毛 細嫩光鋒(さいどんこうほう)とは? 羊毛でも体の部位によって値段が異なります。 細嫩光鋒は中国長江(揚子江)下流地域のごく限られた地方のみで飼われている食用の若い雄山羊の髭(たてがみ)の毛です。 一匹の山羊からごくわずかしかとれないためとても高価です。 書遊では、毛先にも腰にも弾力があり毛先がやや透明な毛を選りすぐって筆を作っています。

秀筆堂 細嫩光鋒(さいどんこうほう)の筆一覧はこちら>>秀筆堂 高級羊毛筆

まとまりやすく書きやすい人気の先梳羊毛筆「無尽」

先梳筆とは? 細嫩光鋒は同じ長さの毛のみを先揃えにする「先揃え」と呼ばれる筆です。 この筆はボリュームのある線を書くことができ、どっしりとした作品が書けます。 一方「先梳筆」は先を透くことにより、長鋒方の筆でもまとまりやすく、繊細でエレガントな線を書くことができます。 無尽は秀筆堂高級筆の中でも特に人気の筆です。

先梳羊毛筆「無尽」の商品一覧はこちら>>先梳羊毛筆「無尽」

書遊奈良本店 店長おすすめの羊毛筆はこれ!

伝統工芸士 田川さんの高級羊毛筆「雲居 細光鋒純羊毫」 羊毛の中でも最高級といわれる「細光鋒(さいこうほう)」を使用し、奈良伝統工芸士の田川さんが全工程、一本一本製造しているこだわりの羊毛筆です。 半紙なら6文字、半切なら3行書くのに最適なサイズです。 ぜひ一度お試しください。

伝統工芸士 田川さんの高級羊毛筆一覧はこちら

記事関連商品

Recommend Item

関連記事

Related Article List